幼い子供たちに英語を喋れるようになってもらいたいと思っている親御が多くなっている昨今。
もっと身近に英語脳を育てる方法があれば嬉しいですよね。

 

英語サッカースクール、英語キッズチアスクール、英語塾といった場所に熱心に利用している親御がおおいですが、
時間もお金もけっこうかかってしまいますよね。

 

ですが、インターナショナルスクールや英語塾に通わなくても「英語への熱意や習慣」は習得できるのか?ここでは財をなるべくかけずに子どもの英語欲を高める方法をいくつか紹介していきたいと思います。

 

まず、英語は言葉なので、母国語を身につけた手法と同様、いくら触れたかと比例して英語が話せる最短ルートになるとイメージしていだきたいです。
よくきく「英語のシャワー」ってやつですよね。

 

そのうえで、一番重要だと思うことが英語の入力と出力を一緒にすること。子どもが関心があるもので英語を聞いて音声に出していくのが英語学習の最短ルートなんじゃないでしょうか。

 

(1) 外国のアニメを英語で見る

これ、実際に英語サッカーキャンプの帰りの車内でよくやっているのですが、子どもたちの目が見入ってしまうアニメはイラストのみでもイメージしやすいですし、ナチュラルな英会話表現が山ほど入っていますから、子どもが遊んで英語を経験することができます。

 

1度日本語で観たアニメを英語タイプで見るもよし。

 

英語勉強にお薦めできるアニメを探すというよりは、

 

子どもが関心を示したアニメが一番合った参考書になるので、幾つも挑戦して見ると良いと思います。

 

【外国アニメを見せる時のポイント】
アニメを目にしている途中に親御が日本語で全て説明することは不必要です。子どもが「どんな感じになったの?」「今の何?」と聞かれても「スウィーツを取られちゃったから涙をこぼしているのかな?」と子どもが自分でイメージが沸くように日本語で口にしてあげると良さそうです。
子どもがアニメがスタートしても頑張って見てくれない時などは強制せずに音楽として放映しているのみでも成果はあるようです。耳は聞いてるで、英語のシャワーを浴びさせていると考えて、構えることなく応対しましょう。

 

(2) BGMを聴いて一緒に歌う

英語の歌を親子で一緒に歌うとリズムで流入してくるので、子どもが英語を忘れ辛いんですって。
これも英語サッカーキャンプの時にインストラクターたちがやっているプランがあるのですよ。
それは、班の歌を自分たちで作成するというもの。
英語サッカーキャンプが終了してもこどもさんたちが口ずさんでいるという話もよく両親から聞きます。
英語キッズチアスクールの子どもたちも自分が踊った曲を口ずさんでいたりするので、
リズムに乗せると子どもは楽しんでできるのかもしれません。

 

【英語の音楽を聴くときのポイント】
ボディを使ったり、指や手拍子、足メロディーなどを合体させるともっと効率的に英語が聞き取れてきます。英語の手遊び歌などをyoutubeで見つけ出しもOKですし、感覚を使って英語を体全体で感じ取るとプラスになりそうですね。

 

(3)英語の youtubeを流す

子どもが関心を寄せる分野を探し出す。おかし作りや、粘土、踊りなどなんでも構わないのですが、子どもの関心がある分野のyoutubeを見るのが効果的です。あるものを学ぶために英語を利用するやり方を活用すると子どもも面白く英語を学習することができそうです。このことは社会人でもすごくおすすめ!

 

【youtubeを観ている際の気にすべきポイント】
子どもが一生懸命みている場合に「時間だよ」と口に出して切ら無いようにしてください。
夢中になって集中しているということが重要ですから、子どもの興味持つものが遊びだとしても英語で集中して観ている際は、
「これは英語の時間」と決め込んで両親も一緒に関心を寄せるようにしてあげてください。

 

(4) 英語の絵本を一緒に読む

学習効果が期待でき、子どもの発想力や独創性もアップさせることができる
「絵本の読み聞かせ」それは英語でも日本語でも一緒だと考えられますが、
気持ちを用語に入れ言うことができるので、子どもが覚えやすいというメリットがあります。
ハードルが高すぎるものを読む必要はなく、
シンプルなものから始め、日本語の絵本を先に読んで、英語タイプを読むという対策をしても悪くはないと思います。

 

【英語の絵本を読むときのポイント】
一気に英語の絵本の読み聞かせは少しハードルが高いですよね。
もし読めなければ英語版の絵本を購入し、youtubeで音声を聞かせてあげ、
気持ちを込めやすいところで両親も真似て音声で発してください。
小さい子にとってはそのワードが耳にとどまりやすいと聞きますし、
一緒にエンジョイできる時間だと考えてくれますよ。

 

(5) ネイティブファミリーとの交流

これは登記しておくと国内に訪ねてくるネイティブファミリーとマッチさせてくれるユニークなサービス。
英語で話し合いながらネイティブファミリーと1日互いに生活できます。
おんなじ世代間の子どもがいるファミリーを設定しておくと、
子ども同士親しく付き合うのもあっという間です、
さらに一緒に遊びたいという清純な思いが英語力UPの起因になると考えられます。

 

(iOS)https://itunes.apple.com/jp/app/id1093968775?mt=8
(Web site)https://langmate.jp/

 

(6) ホストファミリーになる
わずかな期間のものから、2〜3年間学習者を迎えるといろいろあります。
ネイティブがうちにいる状況を設けるのも英語を話すことができる効果的な方法。
ご家庭の事情とかもあるので、その他のものに比べたら壁が高すぎるだろうと思いますが、
良い経験になることは疑う余地なしだと思います。
下記URLは、一時的に国内に来ているネイティブをホームステイさせてあげるサービス。
同じ余暇活動などからセレクトできるので、キャンプやワンダーフォーゲルへ通い続けたり、
一緒に写真を撮ったり…御両親も楽しむことができるのも良い注視すべき点です。

 

https://www.couchsurfing.com

 

(7) インターナショナルスクールのフェアに参加する

インターナショナルスクールのフェスティバルは予想よりも多く、スクールを開校しているところもたくさんあります。
諸外国俗習を経験するといった感覚で、見て、聞いて、体験してみるのも子どもにとってはうれしい時間となるのではないでしょうか。
実際、英語サッカースクールが担っているインターナショナルサッカーフェスティバルでは、ASIJというインターナショナルスクールで開催されますが、国内のアカデミーとは違う文化様式がちらと目にできるということで、人気を博しているイベントということなんですよ。

 

 

子どもの英語欲を引き出す方法まとめ

ラストになってしまいましたが「親も一緒にエンジョイすること」これがナンバーワンの早道です。
子どもにとっても大好きなお母さんと一緒に絵本を見た、
親子で共同して経験したというあたたかい時間が英語を好きになる要素につながってくると思います。
そして「日々地道にやること」が重要だと自信を持って言えるので、
耳から英語に触れるタイミングを作り、遊んでやることを大事にぜひトライしてみてはどうでしょうか。
子どもが英語が大嫌いにならないために

 

そのうえでここへNG項目をピックアップしておきます。
子どもが英語に嫌気がさししまっては元も子もありませんから、
心得てもらえるとありがたいです!

 

NGなこと一例

NG.1英語を勉学として体験し、強制的に行なわせること
NG.2子どもに「英語の練習をやりなさい」「英語の映像を見なさい」と指し図すること。両親も一緒にエンジョイすることを承知してください。
NG.3目指すところに英検などのテストの結果を持ち込むこともダメ。
英語は喋ることができるようになると自分の考えも拡がっていきます。流れ込んでくるデータも増えることになるし、

 

自分と異なる倫理観にもコンタクトを取ることができます。
まずは両親がエンジョイして「英語の時間」を親子の交流の時間と思えるとベストなのかなと思います。
気軽にできるところからLet’s try!! してみましょう!